send link to app

Light GPS logger No Map



Livre

*スタートアップガイドを下に作りました。   http://yokota.zu.to/mygps.html>>機能(1)GPSロガー機能:キャリア契約不要・インターネット接続不要
 出発地からの経路のみ描画。GoogleMapのような地図上に表示されないが、5m程度の精度で正確に経路が確認できるので、・船釣り⇒漁礁をピンポイントで攻めることができる。・山歩きでは出発地や中継点と現在地の位置関係が確実に把握できる。
今の2000mAh以上のスマホならGPS受信だけを動かし、表示を切っておけば、48時間くらいは持つ(表示は必要な時だけ起動すればいい)
(2)他のスマホの位置を地図上で見る:インターネット接続必要 遭難した人や航行不能のボートなどの位置を、スマートフォン電波が 届く限り地図上で特定できる。見るためにグループIDとパスワードが必要。
(3)航跡、ハイキングコースをシェア:インターネット接続必要・グループIDとパスワードが必要・グループ用のフォルダー/パスワードで仲間内でシェア。情報は暗号化できる。・PUBLICはやめた
(4)GOOGLEMAP表示:インターネット接続必要通常は航跡とポイントだけを表示する。念のためGoogleMap上に表示するモードを用意した。*特に遭難に便利。地図データ取得のためインターネット接続が必要。
>>ボタンの色(1)ボタン操作・緑ボタン→長押し・赤ボタン→タッチ・紫ボタン→選択
>>アプリ作成の背景(1)作者の船釣り、ウォーキングの経験をもとに作成したGPSロガー。必要最小限の機能と画面数に抑えたが、結構多機能です。画面は2画面、地図表示画面と各種設定画面のみ。GPSロガーはキャリア契約不要、Android4.1以上のWIFI専用機で動きます。
>>その他
(1)スタート地点までの直線距離と総移動距離表示は便利です。特に船でも走行距離がわかるのはいい。
アプリをスタートしたら航跡の表示が始まります!#2画面(設定画面)で地図更新のインターバルを変更できる。
(2) 航跡の保存:#2画面に行って”保存"ボタンを押せば今の航跡が、"yy-mm-dd_trc*”の名前で保存される。
(3)船釣でどう使う船釣りは、ポイント以外では何も釣れない。船長は実績ポイントにをちゃんと来ているだろうか?実際はかなりずれていたりします。
前の航跡と釣れた場所 vs 今の航跡 同時表示
もちろん、地図や海底図があれば新らしいポイントを探す時に役立ちますが、それは船頭に任せていい。このアプリは実績ポイントの上かどうか確認するものです(新たな位置の記録はできます)。
船が変な所を流れていたら船長にもう30m東側を流してなどとお願いする船長も釣り人の要望を聞いて少しでも満足して帰ってもらいたい。
(4)いろんな機能機能は後から後から私が欲しい機能を入れました。・出発点からの航跡を表示。・航跡の保存・読み出し使い、以前の航跡と今の場所を同時に表示。・地図なしでスマホの動きが軽くて省電力→Igzoで12時間くらい画面明るくして持ちます。・緑ボタン長押しでGoogleMap上での表示も可能。・ポイントの保存(当たり前)・総移動距離、速度(m/s,km/h)、出発点からの直線距離表示・航跡表示画面は、+、-ボタンで表示範囲の拡大縮小操作。
(5)スマホで長持ち表示を切ってもGPS受信は動き続ける。再度表示を立ち上げれば、それまでに蓄積した航跡を表示できる。これで2,3日連続で動く。
(6)画面数は2つ起動すると航跡表示が始まる。普段の画面操作はこの画面の中で完結します。#2画面へはダブルタップして行けて下のことができます。・過去の航跡を選んで表示・今現在の航跡を保存する操作・保存したポイントや航跡の名前を変更する操作 (アジが5匹釣れたら、paji5とかにする) "p"と入れると、”p”で始まるポイントがずらっと表示されます。・インターネット上に航跡をアップロード、ダウンロードできる。 パスワードで暗号化して、仲間内だけでシェアできる。 (7)弱点高層ビルの中だと精度が落ちます。山や海なら、精度5m位のようです。山歩き、スキーバックカントリー、船釣りに役に立つと思います。私は船釣りとウォーキングに使っています。
3秒で3m以上動けば軌跡描画するといった設定が#2で可能。大体3m/10secがいいと思う(デフォールト)。
(8)ポイント、航跡ファイルの保存場所とファイル編集ちなみに、AndroidスマートフォンのmyGPSフォルダーにポイントの場所のファイル(yoTEST)、myGPS/TRACKフォルダーに航跡ファイルが保存されます。両方ともテキストですのでPCとUSB接続すれば項目の追加は簡単にできます。ポイントを緯度経度で追加する機能も入れましたがスマホでの入力は疲れます。
大体これくらいの説明で後は少しいじれば使えると思います。まずは、船走り出したら起動してボタンを押したりダブルタップしてみてください。